異常発生しているOS-HDDの交換


メインの録画環境を動かしているHP Micro Server N54LでOSの入っているHDDで、結構な異常ステータスが見られました。

現状、普通に動かすには問題ないようですが、
一部フォルダをコピーしようとするとエクスプローラが応答を停止したり、
イメージバックアップをとろうとしても途中でとまってしまってバックアップできなかったりと
結構危なげな状況です。

Smartを取得してみると、回復不能セクタが0x37(55)となっているのに、
代替処理中のセクタ数が1と結構ヤバイです。

イメージバックアップが取れないので、普通な方法では別のHDDにリストアできずに、OS再構築しかないかと思ったのですが、最近はエラーセクターがあっても、クローンが取れる装置が入手できるようになったので、試してみました。

AOK-CLONE-U3
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01MDTXXAA/ref=oh_aui_detailpage_o05_s01?ie=UTF8&psc=1

通常はHDD(2.5インチ、3.5インチ)を2つ接続できるUSB3.0スタンド(UASP対応)として使えますが、エラースキップ対応のクローン機能を持っています。

USB3.0スタンドとしては、USB3.0でPCと接続して、電源を入れれば使えますが、
クローン機能を使う場合は、ちょっと手順が必要です。

注意としては、クローン元のドライブ容量に対してクローン先のドライブ容量は同等または、それより大きい必要があります。また、クローン元、先でAFTと非AFTディスクは合わせたほうがいいです。

1.電源OFF状態でPC未接続にする。
2.クローン元のHDDをHDD1スロットに挿入
3.クローン先のHDDをHDD2スロットに挿入(入れ間違えると、大惨事になるので注意)
4.電源ON(アクセスランプ1,2が青く点滅します。)
5.クローンボタンを5秒間長押しする。(アクセスランプがすべて点滅します)
6.一度クローンボタンを離して、再度押すと、クローンが開始されます。

25%   50%    100%
00~25% ・・ 青点滅 消灯  消灯
25~50% ・・ 青点灯 青点滅 消灯
50~75% ・・ 青点灯 青点灯 青/緑点滅
75~100% ・・ 青点灯 青点灯 緑点灯/青点滅
100%    ・・ 青点灯 青点灯 緑点灯/青点灯 ・・・ 完了

なお、途中でエラーセクターがあった場合は、25%ランプが赤くなります。
75-100%時と完了時が少しわかりにくいですが、100%ランプでちらつきがなくなれば完了です。

WD20EZRXの2TBから、WD20EARXの2TBへのコピーでだいたい8時間弱かかりました。

 

後は、コピー先のHDDをPCに接続して起動できればOKです。

PCのマザーボードによっては、BIOSのDISKの起動順序が入れ替わったりする場合があるので、
その場合は再設定が必要です。
(N54Lの場合は、F10でBIOSセットアップでBoot Orderを再設定)

今回はこの段階で、うまくブートしてくれました。

 

それでも起動しない場合は、OSの起動ディスクで起動して、ブート領域の際インストールで直る場合もあります。

Windows 7の場合は、インストールディスクで起動してコマンドプロンプトを立ち上げて
以下のコマンドを実行します。

bootrec.exe
bootrec.exe /fixmbr
bootrec.exe /fixboot
bootrec.exe /scanos
bootrec.exe /rebuildbcd

これでだめなら、OSの上書きインストールですかね。
新規インストールよりはちょっとは復旧が楽になります。

 


カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。