物理キー付きAndroid Much i5の内部ストレージが残りわずかになったので調査してみる


物理キー付き変態AndroidのMuch i5ですが、
メインで使用していて、いつの間にか内部ストレージ(internal storage)が残り10MB程度になっていた。
正直言って安定して動きません。

移動できるアプリデータは可能な限り32GBのmicroSDカード側に移したり、
アプリキャッシュクリーナで、キャッシュを削除したりして、
なんとか100MB程度まで開けても、いつの間にか残りわずかに。

で、いろいろ調べていたら、何やら怪しいゴミを発見。

出し方は、あらかじめRootを許可しておいた状態で、

  • ES ファイルエクスプローラを起動
  • メニューボタンを押して、Rootエクスプローラをオンに
  • /data/coreに移動する

すると、50-100MB程度の「zcore-(数字).zip」というファイルを大量に発見。
計47個。そのファイルサイズ総計が2.36GB・・・・・・

そりゃ内部ストレージなくなるはずだよね・・・・・
内部ストレージのTotalが2.68GBだもん。

おそらく、zcore-(数字).zipはLinuxでいうコアダンブ(通称ゲロ)だろうと想定して、一気に削除。

念のため再起動して、内部ストレージの空き容量を見ると、
2.33GBまで一気に回復。

どうしようもなくなったら
内部ストレージ16GBのMuch i5s買おうかどうか迷ってたけど、
これでまだまだ戦えるでござる。

いや、
「今やってる提案うまくいったら、オレMuch i5s買うんだ。」
とフラグ的なことを言っておこう。

 


カテゴリー: Android, MUCH i5 パーマリンク

物理キー付きAndroid Much i5の内部ストレージが残りわずかになったので調査してみる への2件のフィードバック

  1. seto のコメント:

    Much i5 レビューありがとうございます。とても参考になっています。
    MUCH i5sの購入を考えているのですが、各種物理キーはゲーム以外にも利用できるのでしょうか?
    また、縦持ちでも物理キーは動作しますか?

    • 奈酢美 のコメント:

      setoさん

      >MUCH i5sの購入を考えているのですが、各種物理キーはゲーム以外にも利用できるのでしょうか?

      私のMuch i5の主目的は、ゲームよりリモートコンソールとしての利用だったりします。
      タブレットPCのタッチパットにしたり、キーボードにしたり、テンキーにしたり、エアマウスにしたり、ゲームパットにもなります。
      http://nsb.homeip.net/wp/?p=346

      後は、Splashtopで外出先での自宅PCの操作なんかも快適です。
      物理キーにカーソルキー,マウス移動&右・左クリック&上下スクロール,Enter,BackSpace,PageUP,PageDown
      あたりを割り当てると、Much i5上でWindows8.1が快適に操作できます。

      >また、縦持ちでも物理キーは動作しますか?

      問題なく動作します。
      もちろん、縦持ちにしてもキーの役割が自動的に回転するわけではないので
      縦向きでのキー設定をあらかじめ行っておく必要があります。

      また、標準のキーマッパーだとアナログスティックの向きが変えられないので、
      Tincore Keymapperの出番になりますが。
      http://nsb.homeip.net/wp/?p=324

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。