Wyseのシンクライアント、ゼロクライアントのHorizon7対応で試行錯誤してみた


Horizon7になって、TLS1.0が無効なったりして、各セキュリティ対策がされた結果、
シンクライアントやゼロクライアント端末で接続できないケースがあります。

ちょうど手元に以下の端末があったので、いろいろ試してみました。
(今なら秋葉原でADアダプタ付きで500円で買えます。)

・Dell Wyse 5030 PCoIP Zero Client
・Dell Wyse C10LE シンクライアント

Dell Wyse 5030 PCoIP Zero Clientの場合

Dell Wyse 5030 PCoIP Zero Clientは、その名前の通り、PCoIP特化のZeroクライアントとなる。
ただし、Horizon 7のConnection Serverには接続できるが、各VDIに接続しようとするとエラーになります。

この場合、最新のファームウェアにアップデートすることでHorizon7環境でもアクセス可能になる。

最新ファームウェア
https://www.dell.com/support/home/jp/ja/jpbsd1/drivers/driversdetails?driverid=v9w0h

tera2_5-5-1_fw-r5_5@46605.zip

更新方法としては、起動後にIPアドレスを確認したうえで、
通常PCのブラウザでそのIPアドレスにアクセスすると、ログイン画面となるのでログインします。
その際のパスワードですが、デフォルトでは「Administrator」となるようです。

その後、Webインターフェイス経由で、ダウンロードしたファームウェアを送信することで、アップデート可能です。

詳しい手順はこちら参照。
Dell Wyse 5030 PCoIP Zero Client User Guide
https://www.dell.com/support/manuals/jp/ja/jpbsd1/wyse-p25/5030_zero_client_ug/system-specifications?guid=guid-c800db16-53df-4471-b734-c22b225c84c0&lang=en-us

 

 

 

Dell Wyse C10LE (Cx0)の場合

ICAやRDP接続接続は可能だが、Horizon 7のConnection Serverに接続しようとする時点で、以下のようなエラーとなり接続できません
「error ERR_SSL_BAD_HEADER_VERSION」

しらべてみるとHorizon 7 対応は、8.3以降の模様(ただし接続はRDPになってしまう模様)

イメージは正式なURLではありませんが、以下からダウンロード可能

https://www.technicalhelp.de/downloads/

・C10LE-8.0_037-128-Merlin (C10LE-8.0_037-128-Merlin (3).zip) 8.0_037 へのUSB Install Image用ファイル
・C10LE 8.0_512(C10_wnos_2)  8.0_512 へのイメージ更新用ファイル
・C10LE 8.3_109 (C10_wnos)     8.3_109 へのイメージ更新用ファイル

7.1_033から8.0_037へのアップグレードは、DellWyseUSBImagingToolでUSBを作成し、OSアップデートします。
https://www.dell.com/support/article/jp/ja/jpdhs1/sln289677/wyse%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%ABusb%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%92%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95-%E8%8B%B1%E8%AA%9E?lang=ja

参考

DellWyseUSBImagingToolのダウンロード先
https://downloads.dell.com/wyse/USBFT/2.1.0.12/

これ以降の更新、8.0_037から8.0_512、8.0_512から8.3-109に変更する場合は、
以下のドキュメントの通り、FTP経由でのアップデートとなります。
ただし、この更新はシンクライアントの電源を落とすとなくなってしまいますので、注意が必要です。
なお、8.0_037 -> 8.0_512 -> 8.3-109と順番に起動しないと8.3-109更新時に「Invalid File Format」と表示され、OKをクリックすると更新はされて接続できるようになりますが、電源を一度落とすとバージョンが戻ってしまいます

更新手順としては、以下のURLを参照です。
https://vditoolbox.files.wordpress.com/2017/09/wtos-ftp-http-https-ccm-upgrade-methods-rev-k-kb10566.pdf

\wyse\wnos.ini
中身の例としては以下の通りです。
Autoload=2
Signon=0
FactoryDefault=Yes
Language=jp

(wnos.iniの書式については以下が参考になります。)
(https://www.yumpu.com/en/document/read/58947863/wtosdell-wyse-thinos-83-and-thinos-lite-23-hot-fix-rn)

\wyse\wnos\C10_wnos.jp
ダウンロードした8.3_109 へのイメージ更新用ファイルを配置
(ファイル名最後の.jpは日本語キーボードを設定している場合に必要みたいです。)

なお、USBからブートするための変更でC10LEのBIOSの入り方などは以下のような記事が参考になります(BIOSパスワードは「Fireport」のようです。)。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1184754.html


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。