Much i5で遊んでみた その5(物理キーとキーマップ)


Much i5で遊んでみた その1(スペック・操作感)
Much i5で遊んでみた その2(IIJmio SIMでの通信とファームアップ)
Much i5で遊んでみた その3(IP電話に挑戦)
Much i5で遊んでみた その4(言語の日本語設定とファームアップデート)

Much i5の物理キーの割り当て方法を調査してみました。

 

Much i5には2種類の物理キーマップ方法が用意されています

・Vol+とPowerボタンで起動する物理キースクリーンマップユーティリティ
(物理キーと、画面タップのマッピングを行います)
・KeyDIYユーティリティ
(物理キーと、キーコードとのマッピングを行います。)

ほとんどのゲームは画面をタップすることで入力できるので、
Vol+とPowerボタンで起動する物理キースクリーンマップユーティリティで対応できます。
操作方法は、物理キースクリーンマップユーティリティの?マークをタッチすると
レクチャーしてくれます。

MUCH_20130924_095428

MUCH_20130924_161433MUCH_20130924_095631

基本的には、物理キーの形のアイコンを画面の任意の位置に移動する形で設定するだけです。

・十字ボタンについては、1つでの設定でも、上下左右に分割した形でも配置できる。
・スティックに関しては、左側がStick専用。右側はStickとtargetを切り替え可能な模様。

 

物理キースクリーンマップユーティリティで対応できないような、
画面にボタンが用意されていなかったり、任意のキーを割り当てる必要があるような場合には、
KeyDIYユーティリティで、ボタンにキーコードを割り当てます。
(ただしできるのは基本的な制御キーコードのみ)

Menu 1

「物理キースクリーンマップユーティリティ」と「KeyDIYユーティリティ」の併用は、
「KeyDIYユーティリティ」で、キーコードを設定する物理キーを設定しておいて、
「物理キースクリーンマップユーティリティ」で、
その物理キーアイコンの位置をデフォルトから移動させなければよいらしい。

移動させると、「KeyDIYユーティリティ」で設定したキーコード入力が無効になって、
そのボタンに対するタッチシミュレーションが有効になる模様です。

なお、物理キースクリーンマップユーティリティとKeyDIYユーティリティの両方とも、
起動したアプリケーションに対応した設定を自動的に適用することができます。

 

あとは、キーマップや、KeyDIYで割り当て変更できるキーについても調査しました。

デフォルトの物理キーのKeycode と ScanCode
物理キー Keycode Label ScanCode
19 KEYCODE_DPAD_UP 103
20 KEYCODE_DPAD_DOWN 108
21 KEYCODE_DPAD_LEFT 105
22 KEYCODE_DPAD_RIGHT 106
ピンク(太陽) 23 KEYCODE_DPAD_CENTER 232
青(月) 97 KEYCODE_BUTTON_B 127
黄色(山) 99 KEYCODE_BUTTON_X 45
緑(川) 100 KEYCODE_BUTTON_Y 21
L 102 KEYCODE_BUTTON_L1 56
R 103 KEYCODE_BUTTON_R1 100
VOLUME+ 24 KEYCODE_VOLUME_UP 115
VOLUME- 25 KEYCODE_VOLUME_DOWN 114
BACK 4 KEYCODE_BACK 158
MENU 82 KEYCODE_MENU 139
HOME 不明 ホーム画面表示
Power 26 KEYCODE_POWER 116
D-PAD 8 Direction Mode Selectionにチェック時は次のように変わります。
物理キー Keycode Label ScanCode
上右 201 KEYCODE_BUTTON_14 106
下右 203 KEYCODE_BUTTON_16 191
下左 202 KEYCODE_BUTTON_15 108
上左 200 KEYCODE_BUTTON_13 188
Select/Start button on activateにチェック時は次のように変わります。(BACK/MENU/HOMEは画面に表示)
物理キー Keycode Label ScanCode
BACK 109 KEYCODE_BUTTON_SELECT 314
MENU 108 KEYCODE_BUTTON_START 315
HOME 不明 (BACK/MENU/HOME表示非表示切替) 不明
KeyDIYユーティリティによる物理キー割り当て
割当キー Keycode Label ScanCode
HOME 不明 ホーム画面表示 割当物理
キーのScanCode
MENU 108 KEYCODE_BUTTON_START 割当物理
キーのScanCode
BACK 109 KEYCODE_BUTTON_SELECT 割当物理
キーのScanCode
SEARCH
(物理なし)
84 KEYCODE_SEARCH 割当物理
キーのScanCode
UP 19 KEYCODE_DPAD_UP 割当物理
キーのScanCode
DOWN 20 KEYCODE_DPAD_DOWN 割当物理
キーのScanCode
LEFT 21 KEYCODE_DPAD_LEFT 割当物理
キーのScanCode
RIGHT 22 KEYCODE_DPAD_RIGHT 割当物理
キーのScanCode
VOLUME+ 24 KEYCODE_VOLUME_UP 割当物理
キーのScanCode
VOLUME- 25 KEYCODE_VOLUME_DOWN 割当物理
キーのScanCode
START 109 KEYCODE_BUTTON_SELECT 割当物理
キーのScanCode
SELECT 108 KEYCODE_BUTTON_START 割当物理
キーのScanCode
L1 102 KEYCODE_BUTTON_L1 割当物理
キーのScanCode
R1 103 KEYCODE_BUTTON_R1 割当物理
キーのScanCode
CAMERA
(物理なし)
27 KEYCODE_CAMERA 割当物理
キーのScanCode
FOCUS
(物理なし)
80 KEYCODE_FOCUS 割当物理
キーのScanCode
NAVIGATION 不明 (BACK/MENU/HOME表示非表示切替) 割当物理
キーのScanCode
MEDIA_STOP
(物理なし)
86 KEYCODE_MEDIA_STOP 割当物理
キーのScanCode
MEDIA_NEXT
(物理なし)
87 KEYCODE_MEDIA_NEXT 割当物理
キーのScanCode
MEDIA_PLAY 126 KEYCODE_MEDIA_PLAY 割当物理
キーのScanCode
MEDIA_PAUSE
(物理なし)
127 KEYCODE_MEDIA_PAUSE 割当物理
キーのScanCode
BUTTON_A
(物理なし)
96 KEYCODE_BUTTON_A 割当物理
キーのScanCode
BUTTON_B 97 KEYCODE_BUTTON_B 割当物理
キーのScanCode
BUTTON_C
(物理なし)
98 KEYCODE_BUTTON_C 割当物理
キーのScanCode
BUTTON_X 99 KEYCODE_BUTTON_X 割当物理
キーのScanCode
BUTTON_Y 100 KEYCODE_BUTTON_Y 割当物理
キーのScanCode
BUTTON_Z
(物理なし)
101 KEYCODE_BUTTON_Z 割当物理
キーのScanCode

上記の設定ができれば、ほとんどのゲーム類であれば基本的に対応できると思います。
(多くのソフトが、画面タッチ以外でも、キー割り当て変更をサポートしているため)。

 

上記キー以外への割り当て変更方法は現在調査中です。

正直、コンソール系のソフトでは、キー割り当てが固定だったり、画面にボタンが固定で無かったりするので、SPACEやENTER、Shift,Altキーやアルファベットなどが登録できるとカスタマイズが楽になるのですがなかなか難しい。

あと、調査に使ったツールはこちらです。

KeyTest.apk
https://github.com/chrisboyle/keytest/downloads

 

関連記事

Much i5で遊んでみた その1(スペック・操作感)
Much i5で遊んでみた その2(IIJmio SIMでの通信とファームアップ)
Much i5で遊んでみた その3(IP電話に挑戦)
Much i5で遊んでみた その4(言語の日本語設定とファームアップデート)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。