Windows7で長時間稼働させていると、ファイル共有の動作が不安定になる場合の対策メモ


以下のシステムイベントログが出てしまった時の対策

うちの環境だと、1週間程度を過ぎるとファイル共有が不安定になってきます。
EDCBが全力稼働のせいかもしれんけど。

srv エラー 2017 非ページ プール割り当ての制限に達したため、サーバーはシステムの非ページ プールから割り当てることができませんでした。

レジストリエディタ(regedit)で

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Lanmanserver\Parameters
に移動し、以下を設定する。

但し、項目が存在しない場合があるので、その場合は、DWORD値(32ビット)を作成の上で設定する。

  • Size:3(10進数)にする。
    1:ローカルアプリケーション用にサーバを最適化、2:ローカルとリモートに配分、
    3:ネットワークの処理用に最適化。
  • IRPStackSize:50(10進数)にする。
    デフォルトは、10進数の15。お奨めは10進数の20もしくは50。
    33~38はエラー可能性ありとのこと。I/O 要求パケット (IRP) のスタック ロケーション数。
  • MaxMpxCt:255(10進数)とする。
    10~255まで。サーバーをサポートしている要求の最大数。
  • MaxWorkItems:1024(10進数)とする。
    少なくとも MaxMpxCtの値の4倍にする。デフォルトで64 最大で1,024。

Size,IRPStackSize,MaxMpxCt,MaxWorkItemsの4つを設定

このSize,IRPStackSize,MaxMpxCt,MaxWorkItemsの4つを設定 以上の設定をし、
サーバーを再起動して現在検証中。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。