vSphere Client 5.5をドメインコントローラや、XP SP2以前のOSで動かす方法

vSphere Client 5.5をドメインコントローラや、XP SP2以前のOSで動かす方法・・・・

VMware-viclient.exe /v “SKIP_OS_CHECKS=1”

でいけるらしい。

緊急時には使えるかも・・・・

追記
インストールできても接続できないときは、
vCenter/ESXiのセキュリティーを下げる必要があるそうです。

ハンドシェイク エラーのため、vSphere Client と vSphere PowerCLI が vCenter Server 5.0、5.1 および 5.5 に接続できないことがある (2080432)

http://kb.vmware.com/selfservice/search.do?cmd=displayKC&docType=kc&docTypeID=DT_KB_1_1&externalId=2080432
Win2003や64bit版XPにはパッチがあるけど、32bit版XPにはない模様・・・・

 

追記

XPには該当パッチはないけど、
Windows Embedded POSReady 2009には該当パッチがあるので
強制的にPOSReady 2009化してWindowsUpdateすることで接続できるようです。
XPSP3にしてPOSReady 2009の最新パッチを当てることでESX5.5に接続できることを確認しています。
(参考)
http://nsb.homeip.net/wp/?p=1553

 

XPのままで強制的にパッチを当てる方法も紹介されていますがこちらはまだ試していません。
http://ilion.blog.shinobi.jp/Entry/470/

 

Twitter まとめ 2014-07-29

  • ウマナミさん。是非「LA-MULANA」の実況お待ちしております。 @RGPC ほう! 「LA-MULANA」が次回作の為にクラウドファンディグしておる! 洞窟物語からお世話になりっぱなしだから、ここで男ウマナミも一肌脱ぐか! in reply to RGPC 00:33:42, 2014-07-29
  • @RGPC ねじられ人がまた一人追加ですね。お待ちしております。 in reply to RGPC 01:02:46, 2014-07-29
  • Phonejoyより少し小型かな。ちょっと気になる。 RT スマホやタブレットに装着できる伸縮式ゲームパッドi-Rocks「IRG01」が登場! 【アキバ総研】 http://t.co/TQmyo3Xn82 01:38:03, 2014-07-29

ESX上で動いているWindowsで任意の解像度を追加するための設定

ESX上で動いているWindowsで任意の解像度を追加するための設定だそうだ

Windows ゲスト OS へのビデオ解像度モードの追加 (2078472)

http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=2078472

ゲストなWindowsでポートレートな解像度(いわゆる800*1280とかの縦が長い解像度)がうまく追加できなかったので、これでできそう。今度試す。

(コンソールのWindowsを縦長にして、「今すぐゲストを合わせる」でも縦長にはできるけど、800*1280とかだと、vSphereClientを実行しているPCの画面サイズの縦が1280以上じゃないと無理だし、そもそも厳密な数字にするのは無理ぽ)