ESX5.5でHW Vertion10(vmx-10)の仮想マシンを編集する方法


実は、コレはvSphereClient5.5のUpdate1までの制限です。

vSphere Client 5.5のUpdate 2以降(build 1993072以降)を使えば、
警告は出るけどvShereClientの触れる範囲(vmx-8までの機能部分)であれば編集できます。

この制限は、vSphereClient側でかかっていたので、ESX5.5GAやU1に
vSphereClient5.5のUpdate2以降で接続した場合でも編集できるようになっています。

Hw10EditHw10Edit-2

ちなみに同様に、ESX5.1でも 、vSphare Client 5.1 U2 以降を使用すれば
vmx-9の仮想マシンでも編集できます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。