ESXi 5.5 ホストを Update 3b 以降にアップグレードすると、ホストを vCenter Server で管理できなくなる にはまったのでメモ書き


ESXi 5.5 ホストを Update 3b 以降にアップグレードすると、ホストを vCenter Server で管理できなくなる にはまったので、メモ書き

 

調べたら、こんなのを見つけた。
ESXi 5.5 ホストを Update 3b 以降にアップグレードすると、ホストを vCenter Server で管理できなくなる (2141185)

http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=2141185

vSphere 5.5 における SSLv3 プロトコルの有効化 (2141182)
http://kb.vmware.com/selfservice/search.do?cmd=displayKC&docType=kc&docTypeID=DT_KB_1_1&externalId=2141182

 

Hostd – ポート 443 の有効化

上記に従い、設定ファイルを更新
次に示すように、構成ファイルの < vmacore> の < ssl> タグにある < sslOptions> 16924672</sslOptions> などの sslOptions エントリを追加または削除して、SSLv3 を有効に、または無効にします。
vi /etc/vmware/rhttpproxy/config.xml

<vmacore>
<pluginBaseDir>/lib/</pluginBaseDir>
<!– default thread pool configuration for Posix impl –>
<threadPool>
<IoMin>2</IoMin>
<IoMax>44</IoMax>
<TaskMin>2</TaskMin>
<TaskMax>18</TaskMax>
<!– Do not set MaxFdsPerThread if hostdMinFds is set above –>
<!– MaxFdsPerThread> 2048 </MaxFdsPerThread –>
<NumKeepAlive>8</NumKeepAlive>
<ThreadCheckTimeSecs>600</ThreadCheckTimeSecs>
<ThreadStackSizeKb>256</ThreadStackSizeKb>
<threadNamePrefix>rhttpproxy</threadNamePrefix>
</threadPool>

<rootPasswdExpiration>false</rootPasswdExpiration>

<ssl>
<doVersionCheck> false </doVersionCheck>
<useCompression>true</useCompression>
<libraryPath>/lib/</libraryPath>
<sslOptions>16924672</sslOptions>
</ssl>

 
Authd – ポート 902 の有効化

変更前の設定の確認
/etc/vmware # esxcli system settings advanced list -o /UserVars/VMAuthdDisabledProtocols
Path: /UserVars/VMAuthdDisabledProtocols
Type: string
Int Value: 0
Default Int Value: 0
Min Value: 0
Max Value: 0
String Value: sslv3
Default String Value: sslv3
Valid Characters: *
Description: VMAuthd disabled protocols. By default sslv3 is disabled. If you want to enable sslv3, set the setting to empty.
デフォルトでは SSLv3 が無効になっているため、次のコマンドを実行して有効にします。
/etc/vmware # esxcli system settings advanced set -o /UserVars/VMAuthdDisabledProtocols -s “”
変更後の設定の確認
/etc/vmware # esxcli system settings advanced list -o /UserVars/VMAuthdDisabledProtocols
Path: /UserVars/VMAuthdDisabledProtocols
Type: string
Int Value: 0
Default Int Value: 0
Min Value: 0
Max Value: 0
String Value:
Default String Value: sslv3
Valid Characters: *
Description: VMAuthd disabled protocols. By default sslv3 is disabled. If you want to enable sslv3, set the setting to empty.

 
SFCBD – ポート 5989 の有効化

vi /etc/sfcb/sfcb.cfg

threadPoolSize: 5
threadStackSize: 524288
useChunking: true
enableSSLv3: true

 

 

ここまで変更したら
ESXサーバを再起動

 

なお、Virtual SAN VP – ポート 8080
は使用していないので、未実施です。

 

ちなみに、ESXとvCenter間のサポートマトリックスは以下のとおり

http://partnerweb.vmware.com/comp_guide2/sim/interop_matrix.php?type=0&empty=0&solution=2&platform=VMware%20ESX/ESXi&version=0&selectedProducts=181,14,15,16,17,96,243,18,174,193,364,141,251,391,500,253,441,559,796,507,577,620,795,430,694

 

 


カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。