vSGA調査結果(Quadro4000,FirProW7000 for vSGA ドライバ情報)


今、ESX5.x系でvSGAを使用するためにQuadro 4000を使用しています。

vSGA(Virtual Shared Graphics Acceleration)は、
ESXi仮想マシンの標準GPU(VMware SVGA)をGPUのハードウェアを使用して高速化するものです。
仮想マシンからは普通の「VMware SVGAアダプター」として認識しているが、DirectX9.0cとOpenGL2.1が高速化されます。
なお複数の仮想マシンからは、VGAのメモリが許す限り同時に利用できます。
vMotionなども普通に可能なため、非常に使い勝手のよい技術になります。

なお、いままでコミュニティレベルで実施され、通称「GPUパススルー」とかいわれていた、
VGAをPCI パススルーで仮想マシンに直接接続し、仮想マシンからGPUの全機能を使用可能するものは、VMwareから正式に vDGA(Virtual Dedicated Graphics Acceleration)という名称がつきました。こちらは1GPUごとに1仮想マシンが対応となります。
PCI パススルーを使用しているので、vMotionや電源On中の仮想マシンリソースの拡張等はできなくなります。(ESX6.7でvMotionが出来るようになるかもしれません)。

またこの拡張で、vGPUやMxGPUという技術もありますが、これはGPU側の機能で1枚のGPUを複数の論理GPUとして分割し、論理GPUを仮想マシンに接続できるようにするものです。
こちらもPCI パススルーを使用しているので、vMotionや電源On中の仮想マシンリソースの拡張等は出来ない制限がありますが、ESX6.7でvGPUの場合のvMotionは可能になるようです。

 

Quadro 4000の概要は、以下の通りです。
(Fermiコア,CUDAコア256,メモリ2GBG DDR5,PCI-e 1Slot)
(最大消費電力142 W,電源補助ケーブル必須[シングル6ピン])

 

Quadro 4000 の ESX5.5U3での認識情報

ただ、Quadro4000はすでにVMware Compatibility Guideからも削除されており、NVIDIAのドライバの詳細にも書かれておらず、なかったもの扱いされている状態です。

VMware Compatibility Guide for vSGA ESX5.5U3

 

現在ESXi5.5使用できているQuadro4000用ドライバは 319.65というものです。
NVIDIA-VMware_ESXi_5.5_Host_Driver_319.65.zip

このドライバでサポートしているGPUは以下の通りですが、このバージョン以降はQuadro 4000サポートがなくなっているとの情報もあります。

なお、ESXi5.1の頃は、以下のドライバが使用可能でした。
NVD.NVIDIA_bootbank_NVIDIA-VMware_304.76-1OEM.510.0.0.802205-999851.zip
(NVIDIA-VMware-304.76-1OEM.510.0.0.802205.x86_64.vib)

すでに、Quadro4000はESX6.0用のNVIDIA sVGAドライバでは認識しないとの情報もあることなので、現状Quadro4000は、ESX5.5U3までしか対応していないことになります。

 

ドライバのインストール方法は、この辺とかこの辺とかが参考になります。

現在、ESXi6.0U3へのバージョンアップを検討していますが、Quadro4000が対応していない以上、vSGAをあきらめるか、別のカードを使用するかですが、NVIDIAの対応カードですと最近のビジネス用ハイエンドGPUしか対応しておらず、価格帯も中古でも2桁万円Over、下手すると3桁万円クラスなので、Home Lab用としてはなかなか手が出せません。

こんな情報もありましたが、ちょっと怖いですね。

 

で、色々調査した結果、AMDのFirePro W7000というGPUであれば、
ESX5.5およびESX6.0までの対応であれば比較的入手が楽そうであるとの情報を見つけました。

FirePro W7000 for vSGA情報(VMware Compatibility Guide)

現状、AMD GPUでESX6.5以上ではMxGPUで対応する用で、AMDのvSGAサポートががVMware Compatibility Guideでも認証されていない状況のようなのでESX6.5にあげることはできなさそうですが、どうせESX6.5以上になるとvSphere Client(C# Client)が使えなくなるのでまずはESX6.0にあげられるだけでも助かります(ちょっとvvolをつかってみたいので)。

 

というわけで、FirePro W7000 GPUを入手しました。

ちなみに、ドライバは、以下のものが使用できそうです。

 

esxi5.5用
https://support.amd.com/en-us/download/workstation?os=VMware%20vSphere%20ESXi%205.5#pro-driver
vSGA用ドライバ
fglrx-12103.1135534-1oem.550.0.0.1331820.x86_64.zip

esx6.0用
https://support.amd.com/en-us/download/workstation/esxi6
vSGA用ドライバ
vmw-esx-6.0.0-fglrx-12103.1224202-3638089.zip
vDGA用ドライバ
15.20.1041.1004-FirePro-Guest-Windowsx64-Retail.exe

なお、MxGPU対応ソフトウェア郡(S71x0用)のESXi6.0と6.5用のは以下からダウンロードできる模様です。高くて買えないので、情報だけ。

ESX6.0用
https://support.amd.com/en-us/download/workstation?os=VMware%20vSphere%20ESXi%206.0#pro-driver

ESX6.5用
https://support.amd.com/en-us/download/workstation?os=VMware+vSphere+ESXi+6.5#pro-driver

 

とりあえず、Quadro4000が入っているESXi以外は ESX6.0U3にあげたので、
そのうちFirePro W7000に挑戦して、こちらもあげようと思います。

(参考:https://community.spiceworks.com/topic/1749384-vmware-horizon-vsga-amd-w7000)

 

 


カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。