Windows7でイベントログ監視したときのエラーでアクションが発生するのでその対策メモ


以下のアプリケーション イベントログが出てしまった時の対策

SideBySide エラー 33 “c:\program files\linkshellextension\LSEConfig.exe”
のアクティブ化コンテキストの生成に失敗しました。
従属アセンブリ Microsoft.VC80.MFC,processorArchitecture=”amd64″,
publicKeyToken=”1fc8b3b9a1e18e3b”,type=”win32″,
version=”8.0.50727.762″ が見つかりませんでした。
詳細な診断を行うには sxstrace.exe を実行してください。

link shell extension(ジャンクションなどをエクスプローラから簡単に作れるソフト)が「Microsoft Visual C++ 2005 SP1 再頒布可能パッケージ (x64)」を要求しているらしい。

本来は、Microsoft Visual C++ 2008 Runtimeとかが入っていれば、それが互換性を持っているのだけど、厳密に必要なDLLを要求している模様。

だから、64Bit版のMicrosoft Visual C++ 2005 Runtimeをいれれば大丈夫らしいです。
(32Bit版のMicrosoft Visual C++ 2005 Runtimeとは別です。)

といっても、64Bit版が入っていなくてもlink shell extension自身は動作するので、
エラーイベントログを出さないためだけの設定かもしれない。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。