Linux用wmic の出力結果を Zabbix に取り込む方法を検討してみる


参考になりそうな情報をかき集めてみた。

Linux用wmicの出力結果は以下のようなもので、そのままでは取り込みずらい。

そこで、別の監視ツール用だけど、

「cactiEZでWindowsOSのWMI値を直接取得してグラフを作成する手順」
http://pnpk.net/cms/?p=3861

さんのページのwmi.phpを使うと、以下のフォーマットに変更できるとのこと。

このフォーマットだと、スクリプトで処理しやすい。

このような形式でのサンプルを探してみると、このような例が見つかった。
/proc/meminfoの実行例がこんなフォーマットなので、ほとんど同じですね。

あとは、

/proc/meminfoの情報をzabbixで収集してみるqiita.com/mutz0623/items/2a8186de010c494cbfe0

さんのスクリプトを参考に
「:」文字の前部分をZabbix_senderのキー、後部分を値として取り込めば、
行けるんじゃないかと妄想中。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。