CPUのセキュリティ修正による性能低下を確認、回避する方法


CPUのセキュリティ修正による性能低下を確認、回避する方法

2018/1に報道されたMeltdown & Spectreの脆弱性のパッチが出ています。
・Meltdown (CVE-2017-5754)
・Spectre (CVE-2017-5753 / CVE-2017-5715)

Windows 7/8.1/10 は既定で緩和策が有効化され、Windows Server はレジストリの設定で有効化されるようです。

 

MSの公式
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4073119/protect-against-speculative-execution-side-channel-vulnerabilities-in

 

Win10での実際の作業は下のURLがわかりやすい

CPUのセキュリティ修正による性能低下を回避する方法

 


カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。