メインのESXサーバ故障中


うちのメインのESXサーバが壊れて、電源が入らなくなってしまった。

Xeon X5690 Dual + メモリ192GB な HP Z800 水冷タイプなのですが、
昼に電源が落ちたらしく、家に戻ったときには電源が落ちていて、電源ボタン押しても、ビープ音が4回なるだけで起動せず。

すべてのPCIボード、メモリをはずしても同じ状況なので、ほぼ故障箇所はマザーボードっぽいのだがさてどうするか・・・・

とりあえず、管理基盤(AD,DHCP,vCenter,監視,)、ファイルサーバ、ネットワークサービス(http,mail,Webストレージ)、SSL-VPN
とかの最小限は、他の2台のESXで稼動させて縮退運用できたけど、
動いているESXはメモリが32GBのサーバが2台しかないので、これまでが限界。

シンクライアントアクセス先基盤と、動画エンコード環境、検証環境系は全滅状態。
やはり、メモリ192GBがいきなりなくなると痛い。

いまのところ回復案として検討中なのが以下の3種類。

・マザーボードだけ購入して、交換
推定予算50K
マザー以外が壊れている可能性があるのと、マザー到着が4/24以降っぽい
あとマザー交換がメンテナンス資料見た限りだとすごい大変そう。

・中古のZ800買ってきて、CPU,メモリ,水冷ユニット,PCIボード,ストレージ系その他もろもろ移植した共食い修理
推定予算100K
ただ、古いリビジョンのマザーだと、X5690乗らないらしいので、その辺の確認しないとだめそう。

・後継機種のZ820調達して、メモリ,PCIボード,ストレージを移植する
推定予算210K
Z800の残念ポイントであるストレージ3GBps制限やジャンボフレーム制限が解除できそうなのと、
CPU世代がWestmere EPからivyBridgeにあげられるのがメリット。
今使っているメモリのクロックが1333なので、うまく動くかは賭けだけど、
早ければ、来週早々には到着しそう。

一番現実的なのは、中古のZ800用意しての共食い修理なんだろうけど。
やはりZ820ルートも捨てがたい。
Z840まで行くと、メモリの流用ができないのと5インチベイ1個少ないからそのまま移植できないし・・・


カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。