HDD増設計画(DP9153&WDRED4TBx5)


DISKの空き容量が心細くなってきたので、HDDの増設計画を発動

実は3月にはパーツはそろっていたのだけれど、いつの間にかこんな時期に。

用意したのは

・ハードウェアRAIDケース DP9153 (別に1台予備として確保済。現在計3台保有)

一時期品薄でしたが、今は普通に変えます。
(http://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_parts.php?ic=206773&lf=0)

ハードウェアRAID5付のHDD5台格納できるHDDケースです。
CrystalDiskInfoでsmartが取得できないことだけが残念(専用ツールでは確認可)ですが、
それ以外はコストパフォーマンスもよく、USB or eSATAで接続できます。

・WD RED 4TB x 6(今回使用するのは5台。1台は故障時の予備)

言わずと知れたRAID構成専用HDD。お高いです。

このハードウェアRAIDケースのDP9153にWD REDの4TBを5台いれたRAID5構成で
今回は約15TBの増設となります。

すでに同じDP9153でWD RED 3TB x5のRAID5構成で使用していたため、
今回増設分はコントローラ2台目として認識しています。

raidmanager-15TB

家のファイルサーバの認識状況。
ESXi上の仮想マシンのくせに、USB -HDDの接続多すぎです。

DP9153-15TB

このファイルサーバ配下のストレージは計35TB強。

これでもうしばらくは戦える。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。